【12/19(日)年末オンライン・マインドフルネス半日リトリート】立ち止まる-私はどこからきて、今どこにいて、これからどこに向かっていきたいのか?-

2017年末タイリトリート@スコータイ

好評だった昨年に引き続き、2021年も12月19日(日)に半日のマインドフルネス&ヨガ・リトリートを開催することにしました!

毎月開催しているオンラインのマインドフルネス実践会(オンライン・サンガ)の特別拡大版です!

これまで参加したことがないという方も、気軽に活用していただけたらと願っています。

お申し込みは、このページ末尾です!

開催主旨/メッセージ

日常から一歩引いて立ち止まる

年末の慌ただしさの中で、疲れや落ち着きのなさを感じていても、ゆっくり自分と向き合う時間をなかなか持てないということはありませんか?

流れに流されていくだけで、今の生活が自分の幸せや願いに本当にマッチしているのかぼんやりしていることも多いと思います。

幸せな人生を実現していくには、立ち止まって、自分の立ち位置や向かっている方向を確認する機会は欠かせないと思います。

とはいえ、やるべきことに追われている日常の中では、自力で立ち止まろうとしても難しいです。

そのために、同じ意図をもった人たちの場に身を置いてしまうということが、とても楽で効果的な方法です。

それが、リトリート-日常から一歩引いて立ち止まる-です。

リトリートのテーマと得られるもの

今回のテーマは、立ち止まる:私はどこからきて、今どこにいて、これからどこに向かっていきたいのか?です。

ヨガやマインドフルネスの実践のツールを使って、心や体をスローダウンさせ、蓄積された疲れや緊張をゆるめ、素の自分に戻って、落ち着いて自分自身と対話する時間を持ちます。

このリトリートで体験できることは:

  • 自分の体や心の状態を理解する
  • 緊張や疲れを労わり、休め、リラックスさせる
  • 日常から一歩引いて、自分の人生を客観的に見つめてみる
  • 2021年を振り返り、総括する
  • 今後の願いや方向性を確認する
  • 自分を愛し労わる(セルフ・コンパッション)ツールとしてヨガとマインドフルネスを実践する

参加者一人一人にとって、2021年を振り返り、現在の自分自身の立ち位置を確認し、地に足をつけた自分として、2022年を意図をもって主体的にスタートできる機会にできたらと願っています。

対象者と参加スタイル

半日をフル参加される方を前提に、プログラム(下記:スケジュールとプログラム参照)されています。

半日の体験を通して:

  • ヨガや瞑想が初めての方にとっては:
    基本的なヨガやマインドフルネスの実践を体験し、それが、自分を愛し育むということにどのように活用できるのかを全体的に体験できるすばらしい入門の機会になると思います。
  • 経験者にとっては:
    このリトリートのテーマ通りに、自分と深く対話するサポートの機会になると思います。

時間の都合がつかないけれど、一部でも参加したいという方は可能なセッションのみを選んでご参加いただくのもOKです

自分の意図に応じて、ご活用ください。

初めての方も、おなじみの方も、お久しぶりの方も、共に実践できたら嬉しいです。

楽しみにしています^^!

スケジュールとプログラム

どのセッションも、ヨガや瞑想が初めての方から参加できます
各セッションでは、冒頭で簡単な説明をしますが、実践中心です。
一人一人が自分の体や心に直接触れ合って学ぶ時間を大切にします。
自分の意図に応じて、部分参加も可能です。

①9:30-【オリエンテーション】

歓迎!自宅にいながらも、日常生活から離れて、心と体をリトリートにチェックインさせます。

導入の実践とリトリートのテーマの説明や、実践の解説、リトリートの過ごし方をご紹介します。

②10:00-11:00【セッション1】マインドフルネス・ヨガ-2020年を振り返る-(60分)

まずは、ゆったりと穏やかな呼吸法、ヨガポーズ、リラクゼーションを実践して、身体を労わり休めます

2020年を頑張って生きぬいた身体を隅々まで感じて、感謝の気持ちを送ります。

クラス最後に、2020年を振り返り自分を肯定する瞑想を実践し、今自分がいる場所を確かめます。

運動量は、小〜中。

自分のその時に体の調子に合わせて無理なく実践するスタイルです。

-小休憩-

③11:15-12:15【セッション2】マインドフルネス瞑想-2021年の願いを確認する-(60分)

呼吸の瞑想、歩く瞑想、休む瞑想などを通して、心と体を今この瞬間に落ち着け、休め、労わります。

クラス最後に、2021年の意図を確認する瞑想を実践し、今後の向かいたい方向性を確認します。

運動量は、ゼロ〜小。

-小休憩-

④12:30-13:00【セッション3】食べる瞑想-滋養と癒しを受け取る-(30分)

マインドフルな食事を通して、全宇宙からの滋養と癒しを受け取る実践をします。

食べる瞑想の解説の後、沈黙で食事を楽しみ、繋がりの中で生かされている自分自身を確認します。

⑤13:00-14:00【セッション4】シェアリング・サークル-共にいることを楽しむ-/Q&A/クロージング(60分)

食べる瞑想から引き続きで、「2020年の振り返りと20201年を願い」をテーマに、傾聴とシェアリングの実践をします。聞くだけの参加も歓迎です。実践に関する質問もできます。

最後にクロージングの瞑想をします。

 

<注意事項>

  • 各セッションは、定刻にスタートします。各セッションは、実践の簡単な解説から始まります。できるだけ、参加希望のセッションの数分前にご入室ください。
  • セッション途中の入退出は、基本的に自由です。自分の参加の意図と、時間のご都合に応じて、ご参加ください。ただし、セッション1のヨガセッションに限って、怪我を防止するために、特に初心者の方の途中参加は控えてください。
  • セッション3の食べる瞑想にご参加の際は、食べるもの(ランチ)を各自をご準備ください。(食べずに)飲み物だけ、存在するだけの参加も歓迎します。

開催概要

過去の対面リトリートの様子

□日時:2021年12月19日(日)9:30-14:00

(全5セッション。途中休憩あり。途中入退出OK)

□対象:瞑想やヨガの経験が全くはじめての方から経験者や指導者まで。

  • 自分の身体や心を労わりたい
  • 落ち着いて自分と向き合いたい
  • リラックスしたい
  • 自分が今どこにいるのか確認したい
  • 2021年を振り返りたい
  • 2022年を意図を持って始めたい

という方なら、どなたでも!

□参加方法:ご自宅等から、オンライン参加(アーカイブの配信はなし)

  • パソコン、タブレット、スマートフォンで、無料通話アプリZOOMを通してご参加ください。
    ZOOM接続についての詳細は、申し込み後の自動折り返しメールにてご案内いたします。

□講師:堀 桃代

  • ヨガホーム代表、クリパルヨガ公認講師、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー公認ヨガセラピスト。心を専門にするヨガ教師。2度の重度の精神疾患からヨガとマインドフルネスの実践により回復した経験をもとに、誰でも取り組めるセルフケアのためのクラスや、トラウマや鬱などの精神疾患回復のための個人セッションなどを行なっている。1児の母。

    講師の詳しいプロフィール>>

□参加費:ドネーション(献金)制

  • 献金は、リトリートの後に受付します(paypal、paypay、銀行振込み)。
  • いただいた献金は、講師の活動と生活を支えるサポートになります。
  • 参加してみて「無理はしていないけれど、自分なりに貢献できた」と満足できる心地よい額を選択してください。
  • 貢献の目安は、3,000円〜5,000円です(フル参加の場合)。馴染みがない方もいると思い、目安を示しました。ただし、一人一人が受け取る価値も違いますし、経済的状況によっても金額の意味が異なりますので、1円以上で自由に選択なさってください。
  • 献金が難しいという場合も、どうぞご参加ください。共に実践されることが貢献ですし、金銭以外の貢献も歓迎します!

    ヨガホーム の活動に対する寄付と金銭以外の貢献について詳しくはこちら>>

□注意事項:

  • 実践に支障をきたすような健康上の問題がある場合は、必ず医師の判断をあおぎ、承認を得てから参加してください。
  • 無理な行いによって実践中に怪我や障害がおこる可能性を理解し、無理な行いは絶対に避けてください。万一怪我や障害が生じた場合、講師は責任を負いません。

お申し込み(できれば前日21:00まで)

*当日9:15まで受付しますが、プログラムの進行を考えるため、できるだけ前日21:00までにお願いします。締め切り以降に申し込みされた方は、セッションの安全性を保つために、入室していただくことはできませんので、ご了承ください。


    Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。