「今この瞬間に幸せでいる」ことの探求(クリパルヨガ・ヴィンヤサのクラスを受けて)

できる限り週に一度は、下北沢のクリパルヨガ・スタジオに行って、サンガにサポートされた環境(クラス)でヨガ実践をすることを心かげています。今日は、ゆかさんのクリパル・ヴィンヤサを受けてきました。そこでの気づき。

◎ヨガ実践の意図:

「今この瞬間に幸せでいる」ことの探求

◎身体の体験で印象的だった体験:

鶴のポーズ、ダンサーのポーズの最中に自分の在り方が印象的だった。

・つるのポーズ:
左右交互に軸足を移動させながら、呼吸に合わせて動き続けるときのこと。
ゆかさんから、「左右に軸足は移るけど、中心に居つづけることは変わらない」という言葉をもらったときに、
自分の意志で中心からずれて左右に動こうとしている自分の力みに気づいた
センターに居つづけながらも、左右に動き続けようとする身体の感覚がとても新鮮でかつ、自分にとってエッジの体感だった。

・ダンサーのポーズ:
片足でバランスをとった状態で、呼吸に合わせた身体を前後に小さく動かす(パルシング)の時。
バランスをとるだけで精一杯なので、そのなかで前後に動かそうとすると、自分の力で一生懸命に前後に動いているような状態だった。
「呼吸に合わせて小さく動く」というゆかさんの言葉を聞いたときに、自分が呼吸に合わせるのではなく、自分の意志で身体をコントロールによって生まれる不自然な動きに呼吸をついてこさせようとしていることに気づいた。

◎これは自分の人生や日常生活の自分とどのように関係しているか?

バランスポーズという自分のエッジにいるときに、呼吸に委ねたり、中心に居つづけることを忘れて、やっていること、対象のほうに自分の注意も肉体的なエネルギーもっていかれて、不要な緊張が起きていることに気づいた。

呼吸に委ねる、何をやるときもどこに行くときも、自分の中心に居てリラックスしていたいという私のテーマを再確認した。

◎身体の智慧からガイドを求めたときに受け取ったこと

「今ここに安心していて大丈夫だよ。どうかここにいてね。どこにもいなくて大丈夫。」
身体の奥底のほうから、温かい泉のような安心感がわき出るのを感じた。

◎これからどうしていきたいか?(新しい意図)

どこにいても、何をやっていても、今ここにリラックスして安らいでいたい。
また改めて、深く感じ、再確認した。

○新しい意図のためにとれる行動は?

瞑想によってセンターにいるということはとてもしやすくなっているが、動きの中で、肉体的なレベルでセンターに居るということに自分の可能性を感じたので、

  • 身体の体軸を意識して生活してみる(特に歩いているとき、立っているとき)
  • 最近は、パソコン作業が多く、対象にのめり込むことが多いので(とっても!!)、タイマーで気づきのブレークをとる。その時に、呼吸だけでなく、体軸も合わせて意識する。

ということを意識して暮らしてみたいです。

******
貴重なヨガの実践の機会をありがとうございました。感謝を込めて。

★今日のヨガ後のランチ

下北沢北口の音倉が、オーガニックカフェとしてリニューアルオープンしていた!(昨日から)水曜日は下北ファームも定休日なので、ランチ難民になっていましたが、これからは更に安心です。ありがたい^^!

******
【サーダナ・ジャーナル】とは?
ヨガの実践(サーダナ)による身体からの気づきを、人生に統合してジャーナルする習慣を続けています。いうなれば、フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのセルフセッションのようなものですが、機会ある度にホームページでもシェアしたいと思います^^。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です